回収の時効について

債権回収の注意点として時効があります。この時効に注意しないと過ぎてからでは回収が出来ない場合がありますので注意です。それで時効ですが、犯罪などでよく聞く時効と同じく、一定の年数を超えると罪が無くなることになります。債権回収の場合は未払いが無くなるということになりますので、もしも回収を考えている人は早めに回収をしないといけません。

時効の設定期間は、その状態によって異なりますが早いもので6ヶ月、長いもので10年という時効設定があります。短いものは小切手債権や約束手形債権が6ヶ月の期限となります。そして注意して欲しいのが飲食や宿泊代金、運賃などの1年です。これがありますので注意が必要です。また、状態によっては設定年数よりも早くなるということもある場合がありますので注意です。

上記で説明したように債権回収には時効がありますので注意が必要です。しかし、この時効ですが実は止める方法もあります。これは場合によっては回収対象となる人にとってもメリットになることですが、一定の条件をクリアすることで時効進行を止めることが出来ます。ただし、あくまでも一時的な処置でありますし、すぐに出来るわけではないので注意です。

時効が過ぎれば債権回収を行うことができなくなりますので、回収を考えている人は注意しないといけません。よく考えて回収を行ってください。